整形外科

整形外科外来診療担当医表

令和4年8月1日~

 
午前橋本橋本橋本橋本東北大学
午後----橋本
リウマチ外来
予約のみ(第2金曜日)
村上
腰痛外来
(月1回 最終金曜日)

※金曜日午後の村上医師は診療日が変更になる場合があります。

医師紹介

橋本 禎敬(はしもと よしのり)

橋本 禎敬
役職
整形外科長 兼 リハビリテーション技術科長
主な資格(令和4年6月1日現在)
医学博士
日本整形外科学会専門医・指導医
日本リウマチ学会専門医
日本脊椎脊髄病学会指導医
脊椎脊髄外科専門医
日本リハビリテーション学会認定医
日本東洋医学会認定医
日本骨粗鬆症学会認定医
日本医師会認定産業医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本整形外科学会認定リウマチ医
宮城県栗原郡出身
昭和60年東北大学医学部卒業
東北大学整形外科学教室在籍

概要

整形外科は運動器の外科です。運動器とは、身体を機能的に動かすための人体の構成システムです。すなわち、背骨(脊椎)、神経(脊髄神経、末梢神経)、手足を含めた関節・骨格、そして筋肉です。これらが何等かの原因で、機能の異常を来した場合にそれを検査し、適切な治療を行う、いわば機能再建の外科ということになります。具体的には、交通事故・労働災害による外傷、加齢による変性疾患(変形性関節症、肩こり・腰痛症・腰部脊柱管狭窄症などの脊椎脊髄病)、感染症、腫瘍性病変などが対象となります。また、機能再建の外科には、リハビリテーションは必須であり、リハビリテーション医療も行っております。人生100年時代を迎えて、これらの病気に悩まされる方は増加傾向にあり、積極的な介入(診断・治療)が必要となっています。

取り扱っている主な疾患

外傷(捻挫、四肢骨折・脱臼、スポーツ障害)、脊椎脊髄病(頚部脊髄病、頚部神経根症、腰痛症、仙腸関節障害、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、骨粗鬆症)、小児整形外科(先天性疾患、成長障害)、感染症(脊椎感染症、感染性関節炎)、腫瘍(骨・軟部腫瘍)など、頭部を除いた全ての身体の範囲に及びます。

専門外来

東北大学医学部整形外科教室や教室の関連施設と連携しながら、専門外来を設定し、地域の方々のニーズにお応えいたします。

〇腰痛外来
第4週金曜日午後、JCHO仙台病院院長村上栄一先生のご担当で、難治性の腰痛症や仙腸関節障害に取り組んでいます。
〇リウマチ外来
リウマチ専門医の橋本禎敬先生が関節リウマチを含め膠原病の診断・治療(生物学的製剤)を担当します。
〇東洋医学(漢方)
日本東洋医学会認定医を兼ねる橋本禎敬先生が、漢方薬治療のご相談を適宜行います。

検診

骨粗鬆症に対して、当院では専門の機器(骨密度測定装置)を常備しております。

他施設からのご紹介の二次検診は勿論、骨密度検査を希望される方々全てに検査を行い、必要に応じて治療を行います(検査結果はご本人に提供いたしております)。

更新日 2022年6月