電話:0197-25-3833

文字サイズ:標準大きめ最大

背景色:

低線量肺がんCT検診

低線量肺がんCT検診とは

日本で最も多い悪性腫瘍の死亡原因は、肺がんです。この検診の目的は、肺がんを早期に発見することです。低線量肺がんCT検診は、胸部単純X線検査(レントゲン)と比較して、肺がん発見率は約10倍程度高く、発見肺がんは早期の比率が高いと言われます。

一般診療で使用されるCTに比べて、半分以下のX線量で撮像する特殊なCT撮影です。当院では、低線量肺がんCT検診認定技師が在籍しており、ガイドラインに則った適正な撮影条件で撮影を実施しております。

低線量肺がんCTでわかるもの(下の画像は当院の症例です。)

肺がんの可能性がある淡い濃度の所見やかたまりを検出します。

低線量肺がんCT検診

こんな方におすすめ

  • 50歳以上の重喫煙者(1日の喫煙本数に、喫煙年数をかけた値が600を超える方)
  • 重喫煙者のご家族で受動喫煙が心配な方
  • DWIBS検診を受けられる方(早期肺がんの検出はCTの方が有利ですので、あわせて受けられることをお勧めします)
  • その他、肺がんが心配な方

検診が受けられる時間

月~金曜日の9時~11時40分、13時~14時40分

使用する装置

  • キヤノンメディカルシステムズ社製320列CT Aquilion ONE Nature edition(2017年導入)
  • ザイオソフト社製 3D医用画像処理ワークステーション REVORAS(2023年導入)

検診費用

税込12,320円です。現金の他、クレジットカードでのお支払いも可能です。

この検診が受けられない方

  • 妊娠または妊娠の可能性がある方
  • 激しい胸痛がある、痰に血が混じるなど症状がある方は、診療科の受診が望ましいです。

検診の流れ

検診の流れ

結果の通知

低線量肺がんCT検診の画像は、画像診断を専門とする放射線科医が読影します。それを当院医師が確認し、検診後1ヶ月以内に郵送します。郵送する通知書には、今回の画像データを収載したCD-Rを添付します。

予約はこちらから

健診センター(健診等) ご予約・お問い合わせ

また、「低線量肺がんCT検診に関する説明書・同意書」はこちらからご確認いただけます。

※ふるさと納税による検診としてもお申込することもできます。こちら